ridgeww’s blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

ドライブに行ってきました。

ずっと雨予報だったので、今回のやーくん支援の金曜日は ドライブに行くことにしました。だって8時までフリーなんて、私には とーっても貴重!!

どこ行く?

富山側の 登山口までの
道と距離感を、
からだに覚えさせる。
f:id:ridgeww:20190712215119j:plain
目的地は
栂海新道口と馬場島。
8時ですから 帰ってこられるだろう。
3時には帰り始めると決めて出発~!

おっと、
登山だけじゃないよ、
フォッサマグナの博物館、
ヒスイの博物館、
ホタルイカの博物館もある!
行けるんじゃない?8時だもの♪🎶

それに鮮魚も買いに行けるかしら~なんて思って、発泡スチロールの箱と保冷剤も積んで。

f:id:ridgeww:20190712213722j:plain
行きは下道で白馬、小谷から糸魚川へ。

国道沿いの小谷ってほんとに谷でした。
また、海に出るまでの姫川沿いのこの国道、梓川沿いの158号を彷彿とさせる難所ですね。
洞門内が 先の見渡せないカーブの連続!じわ~っと汗かきました。

運転すると、長野は 高度成長以降のインフラが整うまでは陸の孤島だったということが よくわかります。


親不知も道路改良で廃道だらけな気配が。
行ってみたくなる(笑)デンジャラス(笑)

f:id:ridgeww:20190713120014j:plain
f:id:ridgeww:20190713120122j:plain

地図でこの辺り...と思って栂海新道口をさがしましたが、どうやら過ごしてしまったようです。
f:id:ridgeww:20190712214022j:plain
聞いたおばさんは、登山と無縁の方で キョトンとわからないとのことでした。。

富山平野は一面の田んぼ!いやぁスゴいです。

f:id:ridgeww:20190712220058j:plain

これ、晴れて立山劔岳が見えてたらスゴいだろうなぁと感心しながらの運転。

下道で馬場島を目ざしたら、おもいのほか時間がかかってしまいました。
また、ショートカットのつもりが馬場島につながる整ってない道は 時間のロスとなってしまいました。
f:id:ridgeww:20190712214130j:plain
『さすがにこのトンネルは もぐる勇気がなく、地図上では遠回りになるほうへ右折しました。。💧』

馬場島への道はほぼ二車線で運転しやすかったものの、
集落もなく
何台もすれ違うダンプと
時たまとおる車のための交通整理のおじさんの過酷さ、
早月川が水煙をあげて流れる様と合わせて
治水に苦労したんだろうなあ...と思いを馳せるのであります。

馬場島到着 2時25分!あれれ、時間がおしてる~
それでも『試練と憧れ』の石碑は じかに見たい!と登山口まで 小走りで行ってきました。

f:id:ridgeww:20190712214233j:plain
行きたいな~
行けるかな~

それに登山道を見上げただけで、
何だかそそられる大木があり、
この先 巨木パラダイスの予感が。。!
f:id:ridgeww:20190712214255j:plain
そういえば 林道沿いの針葉樹も 天然木なんじゃない?って勢いがありました。

馬場島を出発して下っていると...
どしゃ降りの雨のなか馬場島目指して走るトレイルランナーが。
一瞬目が合って、去年のTJAR の選手だった人だった!
もう練習ですか?!
どこで泊まるですか?
スゴいなぁ。。


帰りは速攻高速のって、ノンストップで帰りました。お夕飯の買い物などもありますからね、時間は 余裕があるに限ります。
普段 高難度の長野道と中央道に鍛えられているからか、北陸道が走りやすくってビックリでした。

こうやって『道をたどる』ってことが好きだから、登山がピターッとはまっちゃったんですね。
その先の景色を見たくなる。

道をたどる熱情が湧いてくる限り、私は生きていける。そんな気がしました。

f:id:ridgeww:20190713083641j:plain

あらあら、博物館も、鮮魚も何もなく、富山のお土産スナック菓子数種だけの出費と、
今回もローコストレジャーでした(笑)

(どこに行こうかな?)って無限に広がる構想段階が一番ワクワクします。
考えたら日帰りで9時に作業所へ送っておいての8時自宅厳守なので、そんなあちこちは行けないんですけどね(笑)