ridgeww’s blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

『死なない程度の失敗』

f:id:ridgeww:20190523162531j:plain
(七丈小屋からの富士山とオベリスク 雲海)

私は登山歴3年だが、ひととおりの基本のキのレクチャーを受けた後は、この『死なない程度の失敗』の必要性を痛感しています。

ガイドさんに守られての自分のキャパ以上の山域に足を踏み入れたときの感動も大きいですし、
(自分じゃムリ...)と 放りなげていた場所を目指してコツコツと プラン、体づくりから道具からを積み上げ準備してゆく緊張感、高揚感!

実は5月のやーくんのショートステイ分、どこに行こうか 何をしようか間際まで未定でした。
シーズン前でもあるし、(日帰り低山かなぁ)と 固まりかけた矢先、七丈小屋サイトでマグカップ販売とのこと。

見た瞬間に決まりました。「黒戸尾根行こう!」
f:id:ridgeww:20190523162750j:plain
(そしてゲット)

宣伝効果あり でしたね(笑)

まずは情報収集ですよ。ここからハイテンション始まってます(笑)
この時期は 刻々とコンディションが変わるエキスパートシーズン。
今回ソロでの山行なので、行き先は七丈小屋まで。と決めて、それでもフル装備。
衣類も暑い場合と寒い場合と ありとあらゆる想定をして。

今回予報は一週間前からその二日間だけ雨マーク。で、近づくにつれて前線通過の完全にびしょびしょに濡れる前提も必要になってきた!
でも必要最低限の『もしも』で重量もおさえたい。七丈小屋までとはいえ標高差1600m、距離約9㎞ありますからね。
(ちなみに黒戸尾根ルート甲斐駒ヶ岳頂上までの標高差は2200m、距離約11㎞。日本三大急登でございます。 ひとことメモでした)

私にとっての黒戸尾根の魅力は植生です。
生活圏の登山口から歩みを進めるほどに植物が住み分けている。もーーそれを確認するだけで大コーフン!

今回は『初』探し!(笑)
『初ラン』
『初笹』
『初高山落葉樹』
『初高山針葉樹』
堪能してきました!

が......

それが今回の『死なない程度の失敗』にも繋がっちゃったんですけどね。それは後述。

さて、テレビでは 種子島トレッキング客孤立救助を大々的に報道。その大雨の前線が関東甲信にもかかると警戒を促す放送。
それを見て夫は「大丈夫なのか?やめたほうがいいと思うがな」と、イエローカード
けれど天気図や気象予報士の解説を聞く限りでは13時には前線通過済み、と みた。

ってことは、洗われた空気で素晴らしい景色が期待できるじゃん!
絶景は荒天の直前直後。雲の作り出す芸術が目に浮かび また大コーフン

なんとか夫をやんわりと説明し、それでも自分にも
(1) 登山道が川のようになって流水があったら引き返す
(2) 刃渡り時点で降雨なら 引き返す

と肝に命じ当日を迎えました。

f:id:ridgeww:20190523165308j:plain
(こんな尾白川、見たことない!)

f:id:ridgeww:20190523165409j:plain
(ちなみに翌日)

歩き始めもいつもより遅い9時頃とし、出発しました。前半5㎞の樹林帯は傘をさしていたので、レインウエアもほとんど濡らさず行けました。

雨に濡れて苔が美しくて写真撮りまくり!
f:id:ridgeww:20190523165732j:plain
それが結果的には『死なない程度の失敗』になってしまったのです。

笹ノ平あたりでほぼ止み 枝の滴を避けるため傘はさしたままで通過。
笹ノ平の看板には『1時間30分』とあるところが2時間20分くらいかけてて 計算していた通過時間は 大幅に超えていて(ヤバイかも...💧)

じゃあ とペースを上げようとするととたんにまたあの『魔の光城山状態』。
心拍が収まらない、そのうち吸気が入ってこないような苦しさがとれないので それまでのペースを上げられない。
足などの痛みや疲れは感じないにも関わらず...です。

そうこうしているうちに刃渡り到着。
そこで七丈小屋におそるおそる電話して 到着が遅くなっても行っても可能か、おそるおそる聞いてみました。

ここで頭ごなしに怒られてたら しょぼんと引き返してましたけど、
「日も長くなったしお気をつけて。」

ああ寛大なお心遣い、ありがとうございます!これはなおさらこれ以上迷惑はかけられないじゃん。
天候は雨も上がり無風快晴。
電話後は 写真撮るのもやめ(あ、( ̄▽ ̄;)、五合目で一枚撮ってしまいました...) ヘルメットにライト装着。そしたらエンジンかかりました! が...💧
小屋まであと100m、もう核心部はないのにエンスト。。。ゼェゼェヒューヒュー...

七丈小屋、6時到着。本当すみませんでした。OKしてくれて、待っててくれてありがとう~!!

『死なない程度の失敗』
その他にもオンパレードでした。

ストックのキャップしたまま雪氷面刺したらツルッ!重量かけてなくてセーフ💦

あとは休憩の取り方にも課題があったんじゃないかな~リカバーのチャンスがあったかなかったか...ここは再検証です。

小屋には先行の3人さんと小屋番さん二人、
「山の世界も狭いからね~」なんて言いながら、面識もないのにいきなり「丸岡さんですよね?」と声かけて 怖がられてしまいました💦
そりゃ恐いわよねえ(笑)
f:id:ridgeww:20190523174724j:plain

f:id:ridgeww:20190523165932j:plain

出来上がってきたヅメさんの 面白いこと面白いこと!(笑)

いつも小屋では夕食後消灯までの時間が手持ちぶさただったのに、今回はあっという間でした。

f:id:ridgeww:20190523170206j:plain

翌朝、期待通りの雲海。

f:id:ridgeww:20190523170112j:plain

実は私、七丈小屋4回目なんです。
なので今まで7回通過してきた 岩にステップ刻んである部分、すくんでしまって足が下ろせなくなって、しばらく立ち尽くしてしまったんです。

恐怖感が全ての経験技術をワヤにしてしまう、そして恐怖感が体を硬直させ 判断を狂わせる、、、
そんな『死なない程度の失敗』もしました。

少し深呼吸したり、考えをまとめたところ、利き脚に変えたところで下りられました。
本来は両足が軸足になり得ないとダメですよね。これも下山後の課題と言うことで。

こんな状態にたっぷり時間をとれる、リカバリーの過程を自分で見つけだす、ソロならではです。

他にもバランス崩してとっさにロープを握ったとか。そこは仮に落ちてもテラス部分で尻餅程度でしたけど。それも下り方に問題はなかったか…『死なない程度の失敗』。

下山は5月の新緑の芽吹きに老眼ヒーリング(笑)
f:id:ridgeww:20190523170347j:plain
(私が名づけた『オームの化石3匹分』)

f:id:ridgeww:20190523170533j:plain

ただ、硬い冬靴の中で足が動き あと数キロの時点で爪が痛くて何度も立ち止まってしまいました。
これは昨シーズン薄手のインナーソックスで解決済み!だったのに、あのソックスが見あたらなくて、シーズンまたいだらあの痛みをすっかり忘れてて💦
それも『死なない程度の失敗』です。

本当に良い勉強させてもらえました!
黒戸尾根さん、
関わってくれた皆さん、
本当にありがとうございました!!
ペコリ_(..)_

ガーデンは人生の縮図だった!

f:id:ridgeww:20190517205116j:plain
(5月の木陰で 美味しいコーヒーを味わうために。。。)


ここ何年来、庭は特に変えることなく月日がたっていた。

一時は園芸店のガーデニング講座を受けたりしていた。
毎月鉢が増えていくし、猫の額庭には置き場がなくなってきたのもあり、
ひととおりの植物にも接したし、
熱中していたからかスタッフとは打ち解けたのに受講生の仲良しも出来ず、きりのよい年度変わりでやめて数年たつ。

屋根を作った場所があまり生かされてなく そこに自転車を入れてしまえば良いかも...と浮かぶとその実物が見たくてしょうがなくなる。さっそく取りかかる。

こういうときの速効性、エネルギー発想のフル回転は、我ながらビックリする。
f:id:ridgeww:20190517205032j:plain

ここに住み始めて7年ほどだが、積み重なった枯れ葉などを片づけていると 今までの履歴が次々と表れる。
f:id:ridgeww:20190517214557j:plain
f:id:ridgeww:20190517214649j:plain
振興住宅地で、どの家も同じ仕様の同じような角い敷地で、セールスマンは充分な間隔を空けている...と誇らしげに語っていたが、
家からは南向きの庭でも 総二階建の隣家で 庭の仕様はシェードガーデン。

一日中日光浴が必要な植物はムリ。
地植えにしても なかなか根づかず、ヘンリーヅタは5代目でようやく伸びてきた。

良いこともあった。

その前の賃貸家屋は日当たりがよく 良すぎて、生長が暴走ぎみで 手に負えなかった。

バラも何種類か育てたが、生長がゆっくりのもののほうが私に向いている。
あたらしいものはだいたい四季咲きだけど、オールドローズの一季咲きが一株あるが、その方が潔くて好きだったりする。

新しい品種で、病気に強い というようなものは、常にわき芽を欠かないと、なにがなんだかわからなくなる。

植物で地面を覆えなかったので、敷石やグラウンドカバーに凝っていた時期もあった。

クルミのグラウンドカバーは、一年くらいはよかったが、黒く変色して全く映えない。今回 手当たり次第に処分した。

水平を取らずに敷石で覆ったので、いまだにバタバタと波うっている。よく見ると、メーカーが植えたカツラの木の根っこが ごく浅い柔らかい土を求めて広がっていた。

もう一ヶ所、手つかずになっている場所も今回分け入ってみる。
f:id:ridgeww:20190517213507j:plain
自転車置き場を作ったことであぶれたステンドグラスを置くことにした。
f:id:ridgeww:20190517213553j:plain
隣家の簡易物置がまる見えで気になっていたので、それをやんわり目隠しすることにした。

破壊を繰り返し、伸びすぎ感のあるヘンリーヅタとハニーサックルをバッサバッサと剪定。物置に絡みついたツタはお気に入りなのでちょん切ってしまわないように気をつけて。
f:id:ridgeww:20190517213652j:plain
(狭いながらも 広々感出てきた)


『これはここにあるもの』と、決めつけず、いったん外してみることで新しい表情が出てくる。
犬の侵入防止の柵が、どうも遮断してしまっているので 取ってみた。
その柵の行き場を長いこと迷ったが、車の後方に置くことができ、粗大ゴミを出す煩わしさを回避できた。

ドライバーを出しついでに壊れたままだった不凍栓カバーとその上の擬似屋根も取りつけた。
f:id:ridgeww:20190517213726j:plain
f:id:ridgeww:20190517213800j:plain

私は必要な分だけ計画的に購入する緻密さ 計画性がない。
だから裏方スペースがないと ガーデニングもリノベーションも成立しない。
長尺ものは仕方ないので買うが、今回は以前に計算間違いして余ったものを使った。

今回なんにも購入しなかった。リサイクルガーデンですね。

今回も、また使えそうな材は裏に保管しておく。

あ~5月の木陰で飲む美味しいコーヒーが 楽しみだ!

f:id:ridgeww:20190517213837j:plain

スポーツのチカラ

薫風5月を味わうべく 午前の用を済ませて光城山へ向かった。
f:id:ridgeww:20190513203447j:plain
考えたら4月にみんなで登って以来 来てないのである。。。
f:id:ridgeww:20190513203319j:plain
先週GYMZEROで受けた体組成計の 原トレーナーのアドバイスで、登り慣れたはずの光城山で過呼吸のようになってしまったことを報告すると、「心肺機能はすぐ低下するんですよ」
とのこと。

きっとその落ち方も 50代であれば加速度的なはず...💧
f:id:ridgeww:20190513203520j:plain
そんな焦りのような諦めのような心持ちで ひと気のない登山道を歩いていたからか、
不意に思い出したことがある。




病院ボランティアに通っていた時期があった。


木曜日は心臓血管外科病棟のレントゲン搬送日だった。患者さんの車イスをレントゲン室まで押していくのだ。
だいたいは高齢の患者さんなのだが、

ある時担当した患者さんは、20代後半の長身な男性だった。

八階から一階までエレベーターを使って行くので 自然と話をして、
その男性患者さんは 陸上をしているとのことだった。

年齢的に学生ではないだろうから どういう状況で競技に関わっているのか聞かなかったのだけど心臓の手術を受けたことで、肩を落として「これでもう(陸上は)出来ないなあ」とのつぶやきに、私は言葉をかけることが出来なかった。

その頃は、
松本がこんなにアマチュアスポーツがあるところだなんて、
30代40代の、仕事も家庭も持った上で 真剣にスポーツに取り組む人が多くいることなど全く知らなかったし、
自分も全く何もしていない ただの主婦だった。

もし、こんな松本の一面を知っていたら、あの患者さんに希望を持てるような、次の生き方を模索出来るヒントになるような言葉が かけられたかもしれないのに。。。



けれど思う。人は倒れたままでは居られない。


趣味にしても専門知識にしても断片的な経験・知識しかなかった私が、登山ですべてのピースがピッタリと合うような 予想不能な人生を歩んでいるように、
きっと彼も 心臓の治癒を経て 歩き出しているように…と、

そう願う。

こんな仕事がしたかったんだ!未来予想図からの現在実現図

容赦ない指摘。絵って 意識してないことは絶対描けてないから。
言われた箇所の意識が薄かった...しまった!と感じながらはじめから書き直す。

私もこんなモチーフ配置、良いかも。。と思いながら描いて、見てもらう。

やーくんとの生活を継続しつつも、自分のスキルを生かしたい、仕事をしたいと42歳から一念発起。暗中模索して十数年。

『絵を描ける仕事』というと、
まず浮かぶのは
A, 教えること。
B, 依頼を受けてその意図を絵におこすこと。
C, 自分が描いた絵を そのまま購入してもらったり 利用してもらうこと。

このABC の中で
どれか出来ないかと右往左往してきたが、違うんだ!


『教え』たいんじゃなくて
『注文受けて描き』たいんじゃなくて、
『自由に描いた絵を売り』たいんじゃない。
わかりやすいかな…と、『ペン画職人』と名乗ってみたけど、ペン画に限定するつもりもなかった。

私の提示した絵に
足りない、物足りないことを指摘されて
また描いて
『依頼主と共に造り上げて』いきたかったんだ!

そこに
『やーくんがいて大変だから 無理のない範囲で』とかの制限もかからず、
遠慮も萎縮もなく、
腱鞘炎再発なども気にせず、
集中力のほとんどを制作に注ぎ込む。

やっと言語化できた。

こういう関係性を作りたかったんだ。
実現してるんだわ、『現在実現図』!
(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

あ~ 思い出した。
GYMZEROの『走る、歩く』もそうだった!
共に造り上げた。
まだあの頃は、何につまづいているのか自分でもわからず、早くまとめようと表現の逃げに走ったり、開き直ったり。
けど、つまるところ走ること歩くことの本質がわかってきたら描けてきた。
絵の技術じゃないところで(笑)
あの絵から、登ったりしたあと故障しなくなったもんな(笑)その効果はプライスレス

(これ、自分が提示した格安設定の 🔘円の仕事じゃないな)と感じはじめたとき、やっとプロの意識の仕事になってきた気がする。

仕事というと月◉万円とか 定期収入がゴールかとも仮定してたけど、それも違うかった。
お金が先じゃなくて、描いてる=完成度をあげていくうちに、これでお金をいただくことに負い目がなくなる=(それだけの物が出来た)という自信。

漫画だって、今思えば楽し苦あった!
体脂肪をコッテリ蓄えながら(笑)(➕3kg💦) 筋肉量が変わらなかったのが救い(笑)

ああ、かけがえのない関係、時間!これよ、これ。。。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

今回は、蝶の完成度 上がってます。(笑)
フォルムというか、模様の意味とか考えてたりして。
こうなると、描いた蝶の舞ってる姿、見てみたいです。(それ、取材費ですよね?(笑) )
実物を見てない分その逆の発想、人は 蝶の何をもってその蝶だと認識しているか?という課題を常に課して描きました。そのフォルムを だいぶ手が覚えてきました。
加えて切り絵が格段の上達(笑)私に緻密さが加わったら無敵になるかもよ(笑)

人生、どう転ぶか 歩んでみないとわからないみたいですね。
楽し苦いくわ〜これからも٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

『風と共に去りぬ』から読み解いた 嫌われ人生の生き方

嫌われていると 感じる時がある。

近所付き合いが上手く出来ない。

もちろん挨拶はしている。だけど相手が後ろ向きでなにか作業などしていたら声をかけられない。



BS をつけっぱなしていたら『風と共に去りぬ』が始まってしまい、ストーリーがわかっているにもかかわらずエンドが見たくて最後まで見てしまった。
f:id:ridgeww:20190506172845j:plain


ところが若い頃に見たときとは 全く印象が違う物語だった。


スカーレット・オハラは
若い時には愛する相手への見栄や、貧困からの脱出に そのたび結婚を選択し、そのたび女性やコミュニティーからの反感をかう。
f:id:ridgeww:20190506174515j:plain


ひとつはその事の強さ。

私も、私が揺らがなくていいんだ と、思うようになってきた。
そんなみんなに親しくなれなくても。
近所付き合いが上手くできなくても。



もうひとつは、土地への愛着。

娘を亡くして
レットを失って、
故郷のタラに帰ったって 何になるの?と、20代の私は思った。

けれど違う! 50代半ばの私にはわかった。

私もやーくんの行動障害やら地域やら福祉やらどんづまった時、長野で居ては解決策など見つけられない「徳島へ帰ろう」と思った。当時歩ける体なんかなかったけど 歩き遍路をした。
言葉の答えは見つからなかったけど、長野で再び歩き出せる力を得た。(そしたら新しい出会いもあり、事態が好転してきた)






常にスカーレットの味方となって 人間関係の通訳的な役割だった メアリーも亡くなってしまった。
あの後のストーリーがあるならば レットとは修復出来ないとみた。

けれど、生きていっただろう。
失意を抱えようが 愛がなかろうが 嫌われていようが 気丈に。



私も無いものたくさんある。五十にもなって...って言われるようなことまで。私を笑う人も相変わらずいる。
そのまんまで いい。笑う人も 笑わせておけばいい。

がんばろう。。

ペーパートラベル たのし♪

GW 最終日は
ジョンくんは東京へ戻って、
夫も仕事に出かけ、
やーくんスイちゃんと家で居る。

ふとBS を見ていたら、片道切符で日本を縦断する番組をしていた。

f:id:ridgeww:20190506120519j:plain

旅人は関口なんとかさん(笑) 関口宏の息子さんですよ。

f:id:ridgeww:20190506120623j:plain

今 日本の動向は『速い』『効率最優先』で、
新幹線が開通すると 在来線の使い勝手はわるくなり、
寝台列車や食堂車、ビュッフェ、
ついに社内販売まで切り捨ている。
f:id:ridgeww:20190506121118j:plain

けれど、あぁ そそられる!思い出した!!
車窓を、線路を 眺めながらの移動を。。
f:id:ridgeww:20190506120751j:plain

学生の時、飛行機は数えるほどしか使わなかった。

一度、小田原から大阪まで普通列車で帰ったことがあった。
静岡が長くて、帰宅ラッシュの混雑にも辟易したりした記憶があるが、
それも乗ったからこその体験だ。

またあるときの帰省時の
夕刻の新幹線で、
関ヶ原あたりのポツンと佇む民家の灯りが やけに郷愁を誘った。
いまだにあの風景が焼きついている。

目的地があって その間をはしょってしまうのでなく、移動が目的の旅。

良いな~ 良いな良いな~♪
(〃∇〃)
ーーーーーーーーー


稚内から出発した関口さんの乗る普通列車で、海越しに利尻富士が見えた。

不意に思い出した!!
以前BS の登山番組で利尻富士の端整さが記憶に残っている。そこで、
『海から利尻富士を眺め、そして利尻富士へ登る!』
というペーパートラベルすることにした。

引っ張り出してきたのは2014年版時刻表。
確か高校生のジョンくんに、「旅も良いよ」と買って渡した時刻表だ。
f:id:ridgeww:20190506120854j:plain
反抗期思春期真っ盛りだったジョンくん。
そんな母の提案など受け入れるはずもなく、この時刻表も使われることもなかった。

けれど
挟んであるふせんを見てみると、
その数年後
私が高野山へ行こうとペーパートラベルしたあとがある。
結局ショートステイの関係やら、、、
そこまで行ったら徳島に帰らない訳にもいかず、文字どおりペーパートラベルに終わった。

さて、利尻富士への妄想トラベル 出発〜♫

松本からFDA で札幌、
特急『スーパー宗谷』が稚内まで約五時間、稚内泊。あとの行程見ると、利尻で後泊するから札幌で泊まって観光しても良いね。
フェリーで利尻、利尻前泊。
登り始めて避難小屋泊。
翌日登頂!下山 で、また利尻泊。

f:id:ridgeww:20190506121002j:plain
帰りの計算してないけど、その日のうちに松本へ帰れるのかな?
早く帰りたいなら稚内から飛行機で東京(羽田)新宿からあずさ松本帰着だ。

4泊かあ~
私が4泊だと やーくんは6泊していただかないと不可能。
現状土日月の宿泊は受け付けてくれてない。
ショートステイの段階で頓挫した(苦笑)
往復割引も適応外だから 旅費も割高だろうな~💦

これは 実現はしそうにないね!(笑)

でも、ペーパートラベル楽しいわぁ ♪

ジョンくん 東京へ戻る。。。💧

GW 後半は、本当にお天気がよかったですね!

春先のお手入れしそびれたマイガーデン、
バーベキュー効果であちこち気になり、
花の色味も欲しくなり、
f:id:ridgeww:20190505165107j:plain
久しぶりに寄せ植えなどしてみたり
f:id:ridgeww:20190505165136j:plain
手つかずだったフロントに、花を植えたり
f:id:ridgeww:20190505165159j:plain
花を加えたり。
通常日程に戻りましたらまた大改造しますよ!

植物は生き物。
樹勢が極まって密になると まん中が枯れ込んできたり、ちょうど良いところでは留まらないんですよね。
f:id:ridgeww:20190505165336j:plain
(昨シーズンまで良い感じだった株立ちのアオダモ。新芽のでない株が目立ってきた。下から新しい株が育ってきているので切っても良いかも。。)

f:id:ridgeww:20190505165552j:plain
(運転席乗降位置に植えたグランドカバーのクリーピングタイム。やはり踏む場所は、生えなくなってきた。。)

そう思うと、植えたてじゃないのに良いバランスの植物は きっと人の手で コントロールされているんだなぁ...と、
改めてテクニックをもってる人は、すごいなぁと思いました。

ジョンくん、またね~♪
f:id:ridgeww:20190505165831j:plain

最近旅行が趣味になったジョンくん。このあと休暇があるとのこと、横須賀へ行くそうです。楽しんでおいでね~♪