ridgeww’s blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

笠ヶ岳と播隆上人と私

立山からも、北穂高岳からも、

どこからも見えた笠ヶ岳

 f:id:ridgeww:20190801181916j:plain

気になっていました。これは登りたい…

 

私は登山を始めたのが遅かったので、百名山等のスタンプラリー的登山にしてしまうと間に合わない。し、気持ちがそうなってしまう前に、

自分の意識が向いた山へ登ろうと。

 

初めは喜作新道。

次は水平歩道。

そして茅野在住時の若い頃、「あの山、今も雪積もってるの?」と 夏に、

聞かずにおられなかった甲斐駒ケ岳

 

そして笠ヶ岳です!

 

槍ヶ岳を開山した播隆上人さま。あ、松本駅前に銅像がありますでしょ。

 

f:id:ridgeww:20190801182026j:plain

播隆上人が 槍ヶ岳より先に登られたのが笠ヶ岳です。

上人様は、頂上で仏のお姿をご覧になられ、神の領域であることを感じられたのですね。現代で言うブロッケン現象です。現象は心象とのコラボなタイミングですから!「なぁ〜んだ私も見たわ」なんて思っちゃダメ。

笠ヶ岳からは槍ヶ岳が見えるそうですから(すみません、今回自分の目で見てないのガスガスで(笑)伝聞のような文です)天を貫くような山を開山することこそ衆生救済と お考えになられたのでしょうか。

愛ですよ、愛。

 

けど、そういった痕跡は無いに等しかったですね。

 

私の山行に愛はあるか。

エゴになってはいまいか。

 

今回ささやかながら、見かけたゴミ(=プラスチックゴミ)は、拾わせていただきました。

f:id:ridgeww:20190801182127j:plain

 

ま、笠新道ですから浮ついた観光客の及ばぬ領域。それでも塩あめの小袋はいくつか。。。これぐらい、、の気持ちは誰でも湧きます。ただ、ソレは自然に還りませんのでね。

ま、私もポケットの物が 歩いているうちに見当たらなくなった事もありますので、自分の業の相殺という事で。

 

さて、新穂高に駐車して、ちょっと仮眠して夜明けとともにあるきだす…という計画は、駐車場でつまずきました。

厳冬期クルマを置けた駐車場は、厳重なバリケード。そこは8:30に開くとの事。そんな!到着3:30を無駄にしてなるものか!

無料駐車場は満杯!ねじ込んで止めて 当てられるのもイヤだし、有料駐車場へ。

 

といわけで、いっときも無駄には出来ん!と、4:30出発しました。

 f:id:ridgeww:20190801182223j:plain

笠新道は、結構な斜度をつづら折りに延々と、高度をかせぎます。

そのうち降りて来る人たちが口々に「どれくらいかかるのか?」と聞いてきます。

往復しないんですね。ほとんど双六荘からのラウンドとの事。

「あなたは?また戻るの?」

かの高橋庄太郎さんが著書でおっしゃっています。『目的はひとつだけに』と。

はい!

私は ソロで未知の領域は 往復して道を覚えこむ、と決めています。

 

f:id:ridgeww:20190801182407j:plain

(下りのとき撮影)

 

高山性広葉樹林から針葉樹林帯、

f:id:ridgeww:20190801182503j:plain

低木 お花畑と 相当上がって来たはずなのに…

f:id:ridgeww:20190801182636j:plain

(下りのとき撮影)

 

あ〜(なのに)はダメです。集中力が途切れてしまいました。

杓子平までも四時間かかり、稜線分岐までも同じくらいかかりました。

先の投稿でうた歌ったりして、アレも五、六回撮り直したり場所変えて探したり、しゃがんだ瞬間 寝落ちしてしまったり。ソロの良い点でもあり悪い点でもあり。

f:id:ridgeww:20190801182915j:plain

 

でも、

周りに人間のいない

花に囲まれて この世かあの世か区別がつかなくなって ふわふわしていました。

こんな感覚、世俗では味わえませんからね!

競争や、早く行くのはトレイルランナーにお任せします。

 

それでも稜線で、歩いても歩いてもガスで見えないので何処までいくのやら、ペースは上がらないし、ふと繋がった4Gで すかさず笠ヶ岳山荘に電話しました。

 

痛み始めた膝が、動かす方向加重によってはピキーンと刺激痛となっていました。

それが、それがですよ、電話済ませてこれ以上迷惑はかけれん!と気持ちが起きあがったら刺激痛は感じなくなったんです。

さては脳の暴走だったな〜

 

『疲れ』ーーー休憩とったのに

『空腹』ーーー食べた後なのに

『痛み』ーーー炎症や傷も故障も持病などもないのに

思いあたるケアしているにもかかわらずに感じるこの三点は、もしかしたら(止まれ!休め!)と悲鳴を上げている脳の暴走の場合があります。

 

それこそメンタルトレーニング!まだまだ修業の余地はあります。

 

さて、小屋到着して後、頂上へ行きかけたところポツリポツリと大粒の雨。これは来るぞ〜と判断して小屋に引き返したらドワー!土砂降りです。寝る部屋は、槍ヶ岳などの見える特等席の部屋だったようですが、始終真っ白でした。

 

笠ヶ岳山荘は、新しく、特にトイレにビックリしました。

和式のポットントイレなのに、アンモニアの刺激臭が全くない!

食事スペースは畳で食後談話室となり、思いっきりストレッチ出来たからか、下山後疲労や痛みが全く残りませんでした。

山行後のケアを教えてくれて、サンキューようきさん。

 

翌日。

 

f:id:ridgeww:20190801183114j:plain

頂上はまだガスでしたが青空も垣間見え、稜線を歩き始めたら...

うわーーー♪

f:id:ridgeww:20190801183204j:plain

(振り向いて 笠ヶ岳)

 

太陽が…

f:id:ridgeww:20190801183312j:plain

 

いきなりキターーー!

 

f:id:ridgeww:20190801183342j:plain

(同じ方向)

 

その後は雲のパフォーマンスをずっと楽しめました。

 f:id:ridgeww:20190801183412j:plain

(一瞬見えましたね)

 

だらだら歩きも良いもんで、オコジョが遊びに来てくれましたよ。

f:id:ridgeww:20190801183446j:plain

(慌てて一眼レフを構えてパチリ)

 

 

f:id:ridgeww:20190801183524j:plain

(おどかさないように...カメラが気になるのかな?)

 

オコジョが警戒するようなオーラじゃなかったんだとも思います。動物は敏感ですからね。

 

本当はわさび平小屋でうどんかスイカか、何か食べる!のを支えに下山していたものの、順調だった杓子平越えての下山に こんなに石あったっけ?

その度 着地に神経使い、

雨あがりで滑って気持ちは折れ(笑)

はるかに見える新穂高で 、その距離にまたウンザリ(笑)

 

だってほら〜💦

f:id:ridgeww:20190801183720j:plain

(遥か彼方...💧)

 

新道入り口まで降りて来られたのが2時過ぎ。

やべ!ここからまた一時間かかるし、4時に出庫しないとまた加算される!わさび平小屋は次回のお楽しみとして帰路を急ぎました。

 

ところがところがお財布を見たら、小屋で気を使って小銭で払っていたので札がない💧

 

ロープウェイ駅で両替…なわけないじゃん!

f:id:ridgeww:20190801183855j:plain

 

 

ソフトクリームとスナック菓子買って、高くつきました(笑)とさ。

 

おしまい

(長文、最後までのおつきあい、ありがとうございました❤💕)

 

 

 

 

 

 

庭での ささやかな攻防

今年三年目の柚子の木。
柑橘類にアゲハチョウが産卵に来る。
春先いつまでも蝶が離れない数日後、
柚子の葉っぱをよくよく見ると
丸い固い黄色い球体を発見する。

話によると、幼虫が一旦着いたら
葉を食い尽くすとのことで、
うちの柚子の木は幼木だしと、
卵を見つけたら落としていた。

今年それが、見落としたらしく
7月下旬に眺めていたら、
綺麗な色のアオムシ発見!

f:id:ridgeww:20190728095917j:plain

んー(;>_<;)どうしようか。

木をなめ回すように見ても
その一匹だけのようだ。

f:id:ridgeww:20190728095946j:plain

今年の柚子の木は、
春先にも花が咲いて結実したし、
いつになく葉っぱが生い茂っており、
どうやら成木になったようなので、
どんな感じか 観察することにした。

今年の新葉は、ことごとく食ってある。
f:id:ridgeww:20190728100018j:plain

(これ、来年に支障ないの?)
古葉で頑張ってくれたまえ。

わが庭には五種類の薔薇がある。
花色は白系(ローブリッターはピンク)なのだけど、
これがまた個性がはっきり分かれる。

ニューウエーブ......(白系だけど、薄くラベンダーカラー)早々にチュウレンジハバチに葉っぱを食い尽くされる。。。
f:id:ridgeww:20190728100049j:plain

ブノワマジメル......照り葉で虫、病気。全く無縁。
f:id:ridgeww:20190728100111j:plain

こんなに違うんですよね。
虫も
病気も
よく知ってらっしゃる。

今までのうちの薔薇は、
カップ咲きといってコロンとした花弁の先が内側を向いています。
f:id:ridgeww:20190728101345j:plain
右...カップ咲きのローブリッター
中...カップ&クォーター咲き(芯が分割されてます)ブノワマジメル
左...剣弁になる前のアンナプルナ


意識的にカップ咲きを選んでいました。

そして、
名前だけでうちの薔薇になったアンナプルナは、
咲かせてみたら剣弁咲きでした。
剣弁咲きとは、いわゆるベルサイユの薔薇の薔薇形です。外側の花弁が反ってクルリと巻いてます。

一時代を謳歌したのちカップ咲きにとって代わられた剣弁咲き。そして我がアンナプルナ。

f:id:ridgeww:20190728100148j:plain


良いですね~❤

コースタイム 12時間

昨夜から ベタなドラマで号泣〜💦

『1964東京オリンピック選手村物語』。

 

「どうしてそこまでするの?」

「喜ぶ顔が見たいから。」  ……ねー!ベタ(笑)

 

なのにドラマに散りばめられている(クサイ)言葉に

ボロボロ涙が止まらなかった。

 

 

今日も帰宅して、昼食を食べるのに何気につけたテレビ

『スポーツ✖️ヒューマン 早田ひな(卓球選手)』

 

彼女の持ち味は攻撃的なドライブスマッシュ。

だけどマッチポイントの場面で 勝ちを意識し始め逆にミスをしないようにと守りに入って攻撃がなりを潜めたことで 大逆転負けしてしまう。



 

卓球でなくても 守りに入ってしまうことは多々ある。

このドキュメント番組でも

『弱い自分』

東京オリンピックは 子供の時からの夢』

卒業式後の教室に掲示してあった、自分が書いた後輩へ贈る言葉

奮起を促された早田選手。

そこから軌道修正。出来ることを積み上げて、激戦の卓球出場枠を狙っていく。

ザワザワと心を撫でていく言葉が 出てくる。

道は遠く険しい。

 

 

私も、ここに来て、

『行きたい』

夢を抱いてしまった!

 

そこは

 

コースタイム12時間。

 

遅れに遅れて 、結果12時間歩いた …   ではないんです!

標準的な登山者をもってして 12時間かかるルート。

 

キビしい。。。

私は55歳。ピークの時に鍛えてない。

頼りになるキャリア=経験、知識もない。

 

それでも諦めきれないのだ。出来ることはやる。

週一の登山、週二回のジム、

筋力

体幹

心拍機能

いつも開いていた口を是正して、鼻呼吸

腹式呼吸

横隔膜 機能発揮のための姿勢

舌の位置

脳のコントロール=メンタルトレーニン

食事管理

生活管理

持ち物チェック

ウエア

 

誰にも知られずコツコツ積み上げて、見たい景色、立ちたい場所の為に

近づいて行きたい。道(プロセス)は遠く険しいが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茅ヶ岳と 深田久弥と 私

f:id:ridgeww:20190722233901j:plain

 

 

七丈小屋で、《難易度が一目でわかる!》北杜市登山マップを 1部もらいました。

f:id:ridgeww:20190722234003j:plain

これは我がヒーロー花谷康広さんも監修に加わっているマップで、

コースを色わけして示してあるので、

力量、経験に応じた登山計画を立てたり

段階的ステップアップに役にたちます。

 

さて、茅ヶ岳は…青色の難易度Bだ。

コースタイム2時間30分。トータル5時間か。

ヤーくんの支援がある日ならいけるんじゃない?

 

このマップにも茅ヶ岳が『深田久弥終焉の地』とあり、

『茅ヶ岳』でググってみると、

頂上にたどり着けなかった…であるとか、

脳出血だったとか、

深田久弥がどんどん身近に感じてきました。

f:id:ridgeww:20190722234057j:plain

また深田は茅ヶ岳からの富士山の眺めを気に入っていたともあり、(これは見てみたい)となってきたわけです。

もともと歴史を探る 調べるのが好きな歴女なのです。

まずは登山口までのアクセスも含めて行ってみたい。なので今回 雨予報で富士山が見えなくても構わないのです。絶景は後に置いといて土地勘をつけておきたい。どんな道か、植生は?とか。

 

甲斐駒ケ岳の時も、1回目は七丈小屋まで、と決めてルートの形状や長さを体にたたき込み、2回目にめでたく登頂しました。どうも私にとって、てっぺんが目的じゃないんですね。

 

運転は  韮崎インターから昇仙峡へ延びた道の途中にあり、ほぼ一本でわかりやすい道路でした。(これはリピートする可能性大!)

登山道は、四エリアに分けられます。

1〜登山口から〜上高地横尾へ のようなオフロード

f:id:ridgeww:20190722234206j:plain

 

2〜いきなりの岩稜の急登  ちょっと三点支持

 f:id:ridgeww:20190722234427j:plain

(この看板の右側が岩稜)

 

3〜樹林帯のつづら折り急登

f:id:ridgeww:20190722234253j:plain

(見下ろしたところ)

 

4〜頂上へ〜低木 狭い急登 たとえて言えば合戦尾根を彷彿とさせるような

 f:id:ridgeww:20190722234525j:plain

深田久弥は、4の始まりあたりで亡くなったようで、「え〜なんで〜」って思ったかも。「富士山見たかったよお」って。

思っただろうな〜…

 

そんな 彼の最期を想っていたら、

私が代わりに景色を見てきます!って

私を通して見て下さいねって 話しかけました。

 

で、

f:id:ridgeww:20190722234608j:plain

今回はガスガスの真っ白だったので、

また来ます!(こちら側に、たぶん富士山)

 

雨が 初めは音はすれども樹林帯のおかげで濡れずに済みました。

低木になってさすがにレインウエアを着ました。途中で着たからか、下山するとパンツまで濡れちゃっていました💦

2の岩場は滑りそうな岩肌していました。でも避けられるので試してません(笑)

3は 黒土がぬかるんで ずっていく感じがヤバかったです。

f:id:ridgeww:20190722234640j:plain

泥でグリセードって、イヤじゃん!(笑)ま、スキーのノリで、尻もちなんてミスはしませんでしたけどねへへへ(笑)

いっそ4の赤土が滑りませんでした。

f:id:ridgeww:20190722234721j:plain

そのかわり、土と同じ色のデカいカエルに気がつかず、一瞬 土が動き出したように見えて毛が逆立ちました(笑)

 

もう一件。

これは、カラダについての試行です。

『深部体温』

以前から登山時のバケツをひっくり返したような発汗が気になっていました。

同じ条件下で 他の人はそうでもない…。

数日前  何気に見ていたテレビ番組のテーマが熱中症で、

汗の出過ぎは消耗すると。

汗の出方と深部体温は、相関関係にあり、

汗をセーブするには深部体温を下げると効果ある と。

チャンカワイが身体を張って実験してました。

私自身、前々から心当たりもあったんです。靴の中の熱さ、掌の火照り。

座ってるだけの何にもしてない今も熱い(笑)

 

やはり掌、足のひらに体内血液の循環をコントロールする血管があり、適温でその血管が働き始めると。氷とか、冷たすぎては収縮し過ぎてダメなんですって。

 

『手に、冷えたペットボトルを持つ』と。  お〜‼️

それで?いいの?  やってみよっと。

ということで、今回  1のオフロードを ペットボトルを持って歩きました。

 

今までと熱さ上昇が違う感覚あり  でした。歩行による体内ヒートが いくらか低かった気がします。ブラブラしてると掌がむくんできてたので、その対策にも物を握ってるのは良さそうです。

だからかなあ今回、息が上がってくるのも 先に延ばせた気がしました。

 

この春から見ても激変してるんですよ。鼻呼吸、 口を閉じる、腹式呼吸、そのための登山姿勢、腹筋の使い方 舌の位置、歯の噛み合わせ等々。

他にも課題は山積です。糖質依存とか、低血糖とかの対策でナッツ、イリコ、エゴマ油ね。

 

ペットボトル、他の山行でも試してみます。効果が出ると面白いですしね。

 

 

 

 

 

 

花の山、白馬へ一眼レフを持って

今年の梅雨は長いですね。生まれ育った四国の方がよく降って、嫁いだ長野は 梅雨時もあまり降らない印象でしたのに。

七月は、やーくんの支援も多めにお願いしてあり、日帰りでも行ける限界点など探ってきて、白馬なら高山植物が咲いてるあたりも行けることがわかってきました。

f:id:ridgeww:20190718235542j:plain


とはいっても、9時に作業所に送ってのちで、歩き始めが11時くらいになってしまいますので、あまり奥には行けないんです。

けど、ついついの衝動買いばかりしてしまいがちのイ〇ンのクリアランスセールなどよりも 良い時間の使い方だろうと。

 

さて、今週は長野でさえ週間天気がずっと雨。

(これはセールに行く他ないか…)と気をもんでいたら、曇り予報に変わった!

よっしゃ!!

これがありますからね、最近は天気図解説のつく気象予報は かじりついています。

家を出る時は晴れていたので、午後は大気の状態不安定とはいえバスタオルだけ外に干して (あわよくば乾けばよいな、くらいに)出発しました。

 

 f:id:ridgeww:20190718235323j:plain

 

八方尾根など見えるスキー場はグリーンシーズン、広めの駐車場がどこもガラガラなのは、ちょっとさびしいものです。

 

みんな知らないんだ!梅雨時の白いお花の可憐さを!

数年前の六月のバースデー登山に白馬大雪渓を登りました。

白馬尻までの道沿いにサンカヨウ、そして衝撃的だったキヌガサソウ

高山植物の特徴的な葉っぱの真ん中に花が咲く形態がとても興味深かったです。ゴゼンタチバナにしてもですね。

その後穂高の方でもキヌガサソウを見ましたが、何だか小っちゃかったし数少ないし、『白馬のキヌガサソウ』として私の中には記憶に残っていました。

 f:id:ridgeww:20190718235635j:plain


高さ1.5mほど、人がつかめるくらいの太い茎の上につぼみがついています。

博識なお知り合いに教えていただき『オオウバユリ』だと知りました!その後ググってみると、ひとつのつぼみがパカッと分かれて 数十の百合の花がつくみたいです。サンダーバードのテーマ曲が頭の中に流れています(笑)


そういや連休があったから林道の草刈り後で、みずみずしい草の匂いに囲まれての歩きになりました。

春先雪がよく降っていたので雪渓も大きいのかと思いきや、白馬尻小屋前はもうごうごうと流れる沢になっていました。

 f:id:ridgeww:20190718235801j:plain


前に見たのは6月下旬。キヌガサソウサンカヨウ、終わっちゃったかなあ。。。そんな思いながら歩いていると…


f:id:ridgeww:20190719000007j:plain


群生しております!

来てよかったわあ、さすが白馬のキヌガサソウ

f:id:ridgeww:20190719004119j:plain


 白馬にいる間は日も射していたりお天気は持ったのだけど、帰りはじめの午後から夕刻、あちこちに雨雲がかかり、自宅辺りも勢いよく降ったみたいでひとつだけ外干ししておいたバスタオル、滴がたれるほどに濡れてありました。

ドライブに行ってきました。

ずっと雨予報だったので、今回のやーくん支援の金曜日は ドライブに行くことにしました。だって8時までフリーなんて、私には とーっても貴重!!

どこ行く?

富山側の 登山口までの
道と距離感を、
からだに覚えさせる。
f:id:ridgeww:20190712215119j:plain
目的地は
栂海新道口と馬場島。
8時ですから 帰ってこられるだろう。
3時には帰り始めると決めて出発~!

おっと、
登山だけじゃないよ、
フォッサマグナの博物館、
ヒスイの博物館、
ホタルイカの博物館もある!
行けるんじゃない?8時だもの♪🎶

それに鮮魚も買いに行けるかしら~なんて思って、発泡スチロールの箱と保冷剤も積んで。

f:id:ridgeww:20190712213722j:plain
行きは下道で白馬、小谷から糸魚川へ。

国道沿いの小谷ってほんとに谷でした。
また、海に出るまでの姫川沿いのこの国道、梓川沿いの158号を彷彿とさせる難所ですね。
洞門内が 先の見渡せないカーブの連続!じわ~っと汗かきました。

運転すると、長野は 高度成長以降のインフラが整うまでは陸の孤島だったということが よくわかります。


親不知も道路改良で廃道だらけな気配が。
行ってみたくなる(笑)デンジャラス(笑)

f:id:ridgeww:20190713120014j:plain
f:id:ridgeww:20190713120122j:plain

地図でこの辺り...と思って栂海新道口をさがしましたが、どうやら過ごしてしまったようです。
f:id:ridgeww:20190712214022j:plain
聞いたおばさんは、登山と無縁の方で キョトンとわからないとのことでした。。

富山平野は一面の田んぼ!いやぁスゴいです。

f:id:ridgeww:20190712220058j:plain

これ、晴れて立山劔岳が見えてたらスゴいだろうなぁと感心しながらの運転。

下道で馬場島を目ざしたら、おもいのほか時間がかかってしまいました。
また、ショートカットのつもりが馬場島につながる整ってない道は 時間のロスとなってしまいました。
f:id:ridgeww:20190712214130j:plain
『さすがにこのトンネルは もぐる勇気がなく、地図上では遠回りになるほうへ右折しました。。💧』

馬場島への道はほぼ二車線で運転しやすかったものの、
集落もなく
何台もすれ違うダンプと
時たまとおる車のための交通整理のおじさんの過酷さ、
早月川が水煙をあげて流れる様と合わせて
治水に苦労したんだろうなあ...と思いを馳せるのであります。

馬場島到着 2時25分!あれれ、時間がおしてる~
それでも『試練と憧れ』の石碑は じかに見たい!と登山口まで 小走りで行ってきました。

f:id:ridgeww:20190712214233j:plain
行きたいな~
行けるかな~

それに登山道を見上げただけで、
何だかそそられる大木があり、
この先 巨木パラダイスの予感が。。!
f:id:ridgeww:20190712214255j:plain
そういえば 林道沿いの針葉樹も 天然木なんじゃない?って勢いがありました。

馬場島を出発して下っていると...
どしゃ降りの雨のなか馬場島目指して走るトレイルランナーが。
一瞬目が合って、去年のTJAR の選手だった人だった!
もう練習ですか?!
どこで泊まるですか?
スゴいなぁ。。


帰りは速攻高速のって、ノンストップで帰りました。お夕飯の買い物などもありますからね、時間は 余裕があるに限ります。
普段 高難度の長野道と中央道に鍛えられているからか、北陸道が走りやすくってビックリでした。

こうやって『道をたどる』ってことが好きだから、登山がピターッとはまっちゃったんですね。
その先の景色を見たくなる。

道をたどる熱情が湧いてくる限り、私は生きていける。そんな気がしました。

f:id:ridgeww:20190713083641j:plain

あらあら、博物館も、鮮魚も何もなく、富山のお土産スナック菓子数種だけの出費と、
今回もローコストレジャーでした(笑)

(どこに行こうかな?)って無限に広がる構想段階が一番ワクワクします。
考えたら日帰りで9時に作業所へ送っておいての8時自宅厳守なので、そんなあちこちは行けないんですけどね(笑)