Egaku no blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

尾白渓谷ウォーキング

f:id:ridgeww:20200927204015j:image

 

甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根登山口から行ける 尾白渓谷なのですが、

登山前後は ほかの要素を入れられず、

行った事がありませんでした。

 

ーーーーーーーーーーーー

 

日曜日、いつものウォーキングでなくて

足を延ばそうかという提案が出ました。

これはまたとないチャンス!

さっそく気象を見ました。

当初 安全に歩ける栂池自然園と思っていたのですけど、北陸のお天気が悪そう。。

北陸が下り坂だと後立山方面もつられて悪天候の傾向があるんですよね。

 

対して八ヶ岳甲斐駒ヶ岳方面は、午前は絶対良いはず。

ただ、午後 湿った空気の流れ込みで大気の状態が不安定との事で、局所的に降られるかも…ということは早出早着!(笑)

家族レジャーの時でも こういう感じで気象によって行動するようになったのも、登山効果ですね。

 

予定もないのに早起きはしませんが(笑)、

こんな風に予定が入ると早起きです。

 

夫はルーティン重視の日本人的勤勉型

私はイベントで日常が輝くタイプ

 

阿波踊りの四日間の為に他の一年を過ごす、

まさしくそういう生き方の人間だと気づいたのがつい数年で、生活が安定しているのに生きてる実感の薄さ・・・なんで気持ちが上がらないんだろう…と、長年しんどかったです💦

その事を夫に伝えるようになって、夫も自分の生き方を強要しなくなったところで(若き頃は責められたりもありましたよもちろん)家族の両輪として上手く回っているように感じています。

 

前回の種池テント行の時には、トイレ二ヶ所とお風呂、ピッカピカにして出かけました。

 

 

さて、8時20分過ぎ出発!

f:id:ridgeww:20200927210628j:image

f:id:ridgeww:20200927230526j:image

よっしゃ晴れております。

甲斐駒さんは、ご機嫌ななめか終始雲の中でした。

 

尾白駐車場、交通整理の人が二人もいて 休日はこんなに来るんだ!

いつも平日なので。

f:id:ridgeww:20200927223924j:image

ペアルック?

f:id:ridgeww:20200927230923j:image

偶然ですが

 

 

f:id:ridgeww:20200927223901j:image

f:id:ridgeww:20200927223843j:image

(やーくん、えらく気に入ってガラガラガラ、、)

 

登山者だけでなく、神社や渓谷、キャンプ場にくる、

オシャレしたひとやデートのような二人、小さな子どものいる家族、ペット連れと、山梨の憩いの場だったようです。

 

f:id:ridgeww:20200927225614j:image

流れが綺麗。。♡

 

 

渓谷の花崗岩を歩いて数分、すごく神秘的で迫力のある滝と淵にあたりました。

f:id:ridgeww:20200927223226j:image

 

そこから登るように橋がかかってあり、黒戸尾根に合流していました。

f:id:ridgeww:20200927223503j:image

黒戸尾根の十二曲りを家族が歩いている!

なんだかとても不思議でなぜか感激しました。

f:id:ridgeww:20200927223613j:image

ま、熊のひっかき跡までも行かなかったんですけど(笑)

なんで序の序(笑)

 

再び河原に下りて、お茶することにしました。

 

そしたら。。

この、大きな岩に登ろうとした夫

f:id:ridgeww:20200927224517j:image

滑って

滑ったふりしたのかと思ったら、

本当に滑ってて💦

ゴロンと一回転!

水たまりに頭からジャビン💦

マジっすか! マジでした💦

本流に落ちなくて良かったです〜

 

温泉の支度をしていて良かったです。

ジャンパーの中は、速乾シャツのみとなっております。

f:id:ridgeww:20200927230105j:image

白州道の駅でランチして

べるがの温泉に入り

f:id:ridgeww:20200927230449j:image

温泉出てきたら結構な降りの夕立ち

早出早着。これも当たりました。

 

茅野の祖父母宅に寄って顔を見て(安否確認ともいう〜)

明るいうちに帰ってきました。

洗濯物がどーんとあったからね(笑)

 

 

白州は名水で有名です。

ここは夫に『利き水』してもらうべく

汲んで持ち帰ってきました

「どう? どうどう?」

 

「うん、美味しい水だ」

ほお!

「ミネラルが多いね」

ミネラル?(笑)

ミネラルって味するんだー(笑)

 

思い出しては二人で声を上げて笑い、

笑いの絶えない1日でした。

わたし 持ってるのかも

運転しているとき

 

急いでいるときに

ことごとくの赤信号に引っかかる、

イライラから怒りに変わる。

 

こういう時は、心持ちをリセットするが為の 唱える呪文があります。

いかん、いかん

 

感情をリセットします。

 

逆のスムーズに走行出来た時などには

日ごろのおこないが良いから〜♪

と、

人の目には触れずとも謙虚に過ごしている事を再確認して、

自分で自分をねぎらい(笑)ます。

 

昨日

佐久に出たい会がありました。

10時開始なので

9時にやーくんを送っといてではチト厳しい。

 

そこで作業所に福祉サービスが使えるか確認したところ、

人員も確保していただき 30分早い送りにOKをもらいました。

時間外といってもみてくれるのは、いつものスタッフですからね。

 

8時20分ごろ自宅出発ー!

朝ってあんなに混んでるんですね!私の知らない世界。。

いつもの道が激混み。

10分遅れで作業所着。やーくんを頼み、松本インターへ。

 

カーナビの 会場に到着予想時間は『10時15分』。 うーん💦 出来るとこまで挽回しましょう。

ここからトンネルまではカーブも緩く走りやすいので、少々飛ばします。

それが昨日の雨の勢いはひさびさの豪雨で、タイヤが浮かないようハンドリングと速度に気をつけます。

姥捨までのトンネルとカーブ続きの区間は、抑え気味に流します。

それにしてもの雨量です。

平日はトラック多いし、その陰に低速走行の軽自動車あり💦

 

今日のところは、燃費には目をつぶります。

 

姨捨に出てからの下り坂もコントロール可能の範囲で流しました。

そしてひさびさの佐久方面へ。

ここから直線が多いし、豪雨ではトンネル内の方が安心してスピードを出せます。

 

あとは下道次第。

スムーズに流れております。

で、到着〜

時間は『9時59分』

開始前でした〜♡他にも受付されてる方もまだ居ます。

これこそ

日ごろの行いが良かったから〜(☝︎;; ՞ਊ ՞)☝︎

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ランチタイムも終わり1時解散です。

4時のお迎えだから3時間あり、余裕です。

意気投合した方とその後もお話しに花を咲かせ、名残を惜しんで

1時28分会場を発車しました。

これならお迎え前にツルヤで買い物も出来そう ♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪ルンルン🎶

 

ナビに従ってたら佐久インターを過ぎちゃった💦

それでも小諸方面走行していたので 戻らず、小諸インターから乗ることにしました。

 

小諸インター入り口で警察官に止められ

「事故で通行禁止です。東部湯の丸インターから乗ってください。」なんですって〜

 

側道はうんともすんとも動かないのでUターン、

国道に乗ろうとしたらその枝道も数珠つなぎ。

まだ小諸なのに只今の時間、2時09分。(O_O)南無さんっ

心臓バクバク)))

でも車列はいくらか動いてるよ。

ここで呪文!

焦らなくていいから、大丈夫、大丈夫。

(もしあのまま佐久インターに乗ってたら、事故ってたのは私だったのかもしれないよ。)と、

今の状況の良かったところを思いつくままあげてみる。

 

そして、

この間に戦略立てました。

ナビの地図を見ると、この先の分岐で三才山トンネルと東部湯の丸インターに分かれる。

Facebookの投稿で、三才山トンネルは制限速度40km/hというのを思い出した。

もう1時間ないこの状況では高速走行にかけるってもんだな。いつも飯綱に行ってる時には姥捨から松本間が30分。目安があって良かった。

姥捨通過が3時30分前になれば良いんだ。

そして東部湯の丸インターON!

 

行きより車が少なくイイぞ

トンネルと直線で飛ばせるだけ飛ばしました。

うっっ

 

尿意が。。

 

時間は。。

 

3時45分ーー!

大丈夫だっ

安曇野サービスエリアでトイレに寄り

f:id:ridgeww:20200926113332j:image

 

そして何事もないかのように

3時50分過ぎ作業所到着! ♪───O(≧∇≦)O────♪

f:id:ridgeww:20200926113342j:image

 

いつもの自宅から発車するよりちゃんとお迎えできたのも、

おかげ様のおかげでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

奈川満喫〜家族で野麦峠ウォーキング〜

歩くことが生活の中で定着してきて、

連休の一日くらいは新しいところへ行こう!

という、前向きな気持ちを持てるようになってきた

我が家族。

 

何処が良い?

 

と聞かれた時に、今まであちこち行ってきた経験が役に立ちました。

ギンギンの登山ばっかり行ってたわけでもないので、それが良かったです。

 

今回のイチオシは古道、野麦峠にしました。

斜度も優しく、長野側は辛くならないうちに峠のピークに着ける。それが次に繋がってゆきます。

 

前夜のやーくん、何があったわけでもないのに寝つきがこなくてオールナイト。。

朝食を食べて車に乗車したら…そりゃ眠くなるでしょうよ(苦笑)

奈川の登山口までは1時間ほどかかるので、眠らせてあげました。

到着して靴を履かせたら、寝ぼけながらも歩き始められました。スゴい、やーくん!

 

一本道なので彼のペースで歩いて、夫と私は声かけて励まし続けました。

ずーっと声を出していたので 

結果的に、熊除けにもなったかもしれません。

 

峠のピークには、ライダーや車がたくさん来ていました。

 

トイレに行った二人を待っている時のこと。

展望台の手前でオジサンが、

「見えてる山は御嶽山」だと

その場にいる人たちに言っています。

f:id:ridgeww:20200921215818j:image

 

 

ええ?

 

違うでしょ?

 

乗鞍岳でしょうよ。

 

いつまでも言っているので我慢出来なくなって

「あれは乗鞍岳ですよ」と教えたら、

「いいや、地元の人に聞いた」と、

真っ向反論。

こっちにあれがあって

あっちにあれがある、と

いう説明まで ことごとく違うので、

その度修正してあげた知識も

全く信じられない様子。

 

その後

トイレから出てきた二人と合流し、展望台まで来た時、さっきの話をよこで聞いていたオバサンが私に

「あれは御嶽山みたいだよ」

と、改めてお説教してきたのもその場で「違いますよ」と返答しておいたのですが、、

ちょっと歳上世代のあの自信は、なんなのだろう。。あのオジサンも、今だ御嶽山だと思ってるままな気がする〜💦

 

けれど、

念のため確認しようと見まわしましたが、あの山が乗鞍岳だと表記している看板等が全くないことに気がつきました。

 

工女のみねさんも、

「飛騨が見える」と言ったのであって

乗鞍岳が見える」じゃなかったようで、

像周辺にも手がかりなしでした。

 

人が散策しない所の 走行車に向けた資料館への看板に、小さく『乗鞍岳 3026m』とあっただけでした。

f:id:ridgeww:20200921232034j:image

☝️この 切れた看板の上部に小さく記述。。💦

 

 

あの辺を整えた人は、乗鞍岳御嶽山だと言う人が出てくるなんてよもや居るとは思ってなかったんでしょうね。

 

ま、いいや。。

 

まだ11時でしたが早弁して下山開始しました。

f:id:ridgeww:20200921221122j:image

f:id:ridgeww:20200921221146j:image

 

春さきからウォーキングし始めたとはいえ

夫の体力があることに感心しました。

やーくんもよく歩きました。

f:id:ridgeww:20200921232314j:image

f:id:ridgeww:20200921232223j:image

ま、場所のセレクトも良かったわね♡

f:id:ridgeww:20200921232352j:image

 

 

下山後温泉♨️リクエストがあり、奈川の『ウッディもっく』へ行きました。

f:id:ridgeww:20200921221536j:image

男湯は貸し切りだったそうです。

透明ですが、肌に膜が出来たような滑らかさを感じました。

 

考えたら昼時だったので、空いてたのかな。

 

そしたら夫が何か食べようと言います。

弁当は軽めに作っておいたので、おなかに隙間があったようです。

 

奈川の名物といえば『とうじそば』!

 

f:id:ridgeww:20200921232542j:image

行きに お店の前を通りかかったときには数台の車があったけれど、

入店が昼すぎていて

店内貸し切りで、

とうじそばを食べることが出来ました。

f:id:ridgeww:20200921221949j:image

f:id:ridgeww:20200921222010j:image

お蕎麦をとうじカゴに入れてお汁でゆがき食べます。

f:id:ridgeww:20200921222027j:image

座敷の自由さと、

熱いのが苦手で、食べ物の温度も調整可能なところもよかったか、

やーくんも食べています。

 

早弁の後でしたが、ペロリといただきました。

おつゆが美味しかったです!

蕎麦も、お汁にくたびれずシャキッとしていたのが良かったです!

 

実は私は、

今までひとり旅が多く、

以前奈川に来た時もとうじそばが気になったものの『二人前より』ということで食べられなかった事があり、

今回ツレのいる楽しさを味わえた一日となりました。

 

その後木祖村経由で帰宅しましたが

自宅には4時に着き、

早出早着はなにかとゆとりがあり

楽しい思い出が際立ちました。

シュラフ葛藤からの 押し入れ大改造

 

 

きっかけは、登山道具が溢れてゴロゴロしていたところから。。

f:id:ridgeww:20200909215154j:image
ここにまたひとつシュラフが増える(予定)


だがしかし、押し入れの大部分はここ数年手を触れてもない
=(イコール)
日々の生活に必要でない物が占めている
=(イコール)
明日可燃物の日。出そう!

 

となった。

(量が多ければクリーンセンターに行く!)

そこまで決心出来た。

 

出しているうちに、

捨てるにはもったいない良品続々。

 

特に衣類は、五十過ぎるとサイズは変わらなくても、モードが変わる。着るとイタい感じ?(笑)

 

四十代って、高校大学時代(十代)の服とかギリ着られだけど、(思い出箱に残ってはいても)

もう日常では着ないなぁ。


それに立場も変わる。


もう事務仕事をすることもなかろ。
テロンとしたパステルカラーのブラウス
フロントプレスのパンツ
飲み会パーティー向けの イケイケの勝負服

もう着ない、着る場もないだろ。
四十ちょっと過ぎまではあったけどね。(笑)

 

クリーンセンターに持っていく手間で、幾らかのお金になるかも、、と
ハー○オフへ。

そしたらなんと510円也!

これはその日のお昼ご飯に変わる(笑)

f:id:ridgeww:20200909213111j:image

 


うっすらだが、人間の生き方も波というのか、バイオリズムが変わる波目がある気がする。

 

物にしがみついてないと、乗り切れない時期もある。生きるのがうまくいってない時とか。

 

そういう時に(家族に言われたから等の外からの理由で)無理に不自然に物を処分すると、

必要な物との見分けがつかないで効率も悪い。

 

また、まだ心が残っている物を手放すと、捨てたことを悔やむという、気持ちが腐敗をはじめ、いつまでも気持ちが後を引く。

 

それが、物への執着が消える時もある。

そういう時に物の行き先探しに頑張ると、状況がガラリと変わる。

特に我が家は子育てもひと段落して数年。

封印していた荷物は、もう我が家では使わない。あとは行動出来るようになる自分を待つばかり。

シュラフ問題で、その波が来たって感じだろうか。

 

今は、不必要な物で溜まっていたスペースがどれだけ空くのか、

それが楽しみ♡

今回はたぶん完遂出来る。そんな予感がしている。

 

シュラフ買い替え そろそろか?いよいよか?

今日こそ。。

と、シュラフを買いに 

mont-bellへ 行きました。

 

先週の種池テント泊時、数年前にカ○ンズホームで 1500円で買ったシュラフでした(笑)

f:id:ridgeww:20200909215851j:image

(この赤いのがカ○ンズシュラフ


6月のブッシュクラフトの里山泊は、もちろんそのカ○ンズシュラフ

f:id:ridgeww:20200909215944j:image

 

ダウンパンツとダウンジャケット・フリースと、ウェアで保温したらいけるだろうと。(笑)
間際になってダウンベストに縮小(笑)
それでもいけました。就寝中 裸足だったし。

けれど、(寒くはなかったけど)熱が抜けていくのは感じました。
下山したら今度こそ買うぞ、と思ってたのになぁ。。

でも、ズラーっと並んでるとクラクラしてきて、
今回も買わずに(買えずに)店を出てきてしまいました。

f:id:ridgeww:20200909220012j:image

 

あ!そうそう。
頑張ってマンガ描いて 、
印税入った時 記念に買おう!と
励みにしていた品物は…
シュラフ
(何年前の話やら…(笑))

今度こそ、
今度こそ買おう。。

と思って、mont-bellに行ったのは何度めか。。

まいっか σ^_^;
予定もないし。

 

カ○ンズシュラフは#5に相当する?なわけないと思うけど(笑)

お山の植物たち〜後立山〜

ブログを書くと、長文傾向で 

撮影した写真は 文の説明みたくなってしまってます💦

 

今夏、『ママさんのカメラ講座』受講した効果か、帰宅して見返すと、植物の良い写真がいっぱい!

このまま埋もれさせるのも可哀想!

ということで、こちらにアップしました。

順不同で、良く撮れた順です。

 

写してる場面では1秒程度しか立ち止まらない故、ピントなども見えてないので(老眼andメガネをズラす時間ももったいなくてw)

帰ってきて成功失敗を点検しています。

f:id:ridgeww:20200904091134j:image

ガスの向こう側は、秋の青空

 

f:id:ridgeww:20200904091229j:image

サンカヨウの実

 

f:id:ridgeww:20200904091306j:image

ベリー?

 

f:id:ridgeww:20200904091352j:image

キリンソウかな

 

f:id:ridgeww:20200904091452j:image

以上、ピント賞でした。というか、iPhone様々ですね(笑)

 

次はベタッと撮影、群生感のある写真です。

f:id:ridgeww:20200904091801j:image

一輪より群生が可愛いゴゼンタチバナ

この時期 花と実の境目ですが、葉っぱのふくらみ加減もキュート♡

 

f:id:ridgeww:20200904091941j:image

これは何を撮ってると思いますか?

石畳の窪みの苔類です。

こちらは今季一般登山者立入禁止の道なので、苔が付いている風を見ても、こんなところにコロナ禍の影響が。。(あ、私は 山荘に一声かけて歩いてきました)

 

f:id:ridgeww:20200904092408j:image

キノコ 構図にこだわってみました。

 

f:id:ridgeww:20200904092509j:image

f:id:ridgeww:20200904092535j:image

f:id:ridgeww:20200904092700j:image

 

f:id:ridgeww:20200904092735j:image

f:id:ridgeww:20200904092752j:image

f:id:ridgeww:20200904092808j:image

この三連作は、真ん中の小鳥を撮りました。

三枚目はそーっと二歩近づいて撮りました。

 

鳥は好きなんですけど、近づかせてもらえません。(ライチョウはそうでもないんです)

こんな時はズームレンズの一眼レフを持ってきてたら…!と思いますね!

そのためにも荷物を減らす努力をしていきます。

 

 

鹿島槍ヶ岳に近づきたくて〜柏原新道讃歌〜

鹿島槍ヶ岳

 

八月のやーくんのショートステイの時、日帰りで爺が岳に登りました。

とても天気の良い日で、鹿島槍の双耳峰が間近に見えました。

でも爺が岳の倍の距離。

日帰りと考えると超早朝に出て車に戻るのは日が落ちた後。。

私は走りませんし(笑)、帰宅後は家事が待っているし、

自分の衣類など登山に使った物の洗濯とかお手入れも その日のうちにするよう心掛けているので、 その余力も残して山に行くようにしているし、

私にとっては現実的ではない行程。

 

一泊泊まりにすれば行けるだろう。

数か月前からとっていたやーくんの9月のショートステイの日程で、

小屋の営業日を見てみると、秋のシーズンに備えた小屋泊休業日…💧

それならテント泊だ!と、準備を進めました。

 

一時期に比べたら、荷づくりが相当要領良くなってきて水を入れての重量が14kg!

思わず二度測ってしまいました(笑)

しかし、お湯のポットや炊きたて白おにぎり、その他。これもあれもと当日朝の怒涛の詰め込みによって15…いや16kgいっちゃったかも。。。

 

それだけの重みがかかると、いつもの登り方が出来ず、踏み出した脚に瞬時に重心をとる。

背筋は芯を通して踵で重さを受けるように、振り子みたいにゆ〜らゆ〜らと歩を進めました。

すると、鼻呼吸でずっと登ることができました。いつもは心拍が上がって、口を開けないと間に合わなかったのです。

それにどこも痛いところが出なかった。

ずっと歩けるわ…という不思議な感覚を覚えました。

それには柏原新道の石積みの相性の良さがあったと思います。バランスを崩すような場面がほとんどなく、快適な斜度。

f:id:ridgeww:20200903201906j:image

f:id:ridgeww:20200903214610j:image

所々に設置されている黄色い看板にも癒されました(笑)

f:id:ridgeww:20200903201938j:image

手書きもあるけど、文が暖かいんですよね。人柄がにじみ出ています。世話焼きタイプじゃないかな?

きっと気が合うわー(笑)

 

スタートから注意喚起!

f:id:ridgeww:20200903202002j:image

今回 全部の看板制覇を目指しました(笑)

f:id:ridgeww:20200903202109j:image

最初の黄色看板

f:id:ridgeww:20200903202149j:image

秋の紅葉シーズンを前に、注意喚起ものが増えてましたね。

f:id:ridgeww:20200903202254j:image

帰りに撮ったので駅が写らず💦

f:id:ridgeww:20200903202318j:image

扇沢駅が くっきり見えるんです!

f:id:ridgeww:20200903202416j:image

f:id:ridgeww:20200903202515j:image

f:id:ridgeww:20200903202544j:image

f:id:ridgeww:20200903202641j:image

本当にアザミ群生

f:id:ridgeww:20200903202823j:image

どの岩のことやら見つけられず。。

f:id:ridgeww:20200903202932j:image

f:id:ridgeww:20200903203012j:image

f:id:ridgeww:20200903203046j:image

f:id:ridgeww:20200903214531j:image

f:id:ridgeww:20200903203117j:image

f:id:ridgeww:20200903203139j:image

これが見えたらあと少し!

f:id:ridgeww:20200903203523j:image

楽しく登りました。

 

f:id:ridgeww:20200903203557j:image

今夜は2張り お隣さんは写さなかったけど。

f:id:ridgeww:20200903203705j:image

仮眠後、ランチをば

そのあと、念願の棒小屋乗越まで歩きました。通行止めの先になるので、小屋の方に一声かけていきました。

f:id:ridgeww:20200903203920j:image

棒小屋沢は、喜作新道の生みの親 小林喜作が遭難死の場なので、手を合わせて来ました。

f:id:ridgeww:20200903204214j:image

f:id:ridgeww:20200903210557j:image

っつーか、地図と照らし合わせても、ここだーってくっきりわからなかったんですけどね(笑)

 

その後スケッチなどし始めたところで粒の大きい雨が落ちてきて、あわててテントに戻ったらザーッと夕立ち。

雨は止んだものの、爆風にビクビクでした。

布一枚向こうは大自然

f:id:ridgeww:20200903210718j:image

この方向に爺ヶ岳

f:id:ridgeww:20200903210802j:image

この方向に剱岳

 

そのうちよく観察していると、音ばかりでテント場まで風が来てなかったんです。樹林に囲まれてる種池にして良かった〜

 

2時間おきに寝落ちのような眠りをとっているうちに朝になりました。

風はおさまる様子もなかったので、このまま下山することにしました。

f:id:ridgeww:20200903210850j:image

ためしに吹きさらしのところまで行ってみたところ、立ってるのがやっと。進めませんでした。

 

9時には下山してたので、支度などして扇沢駅へ行ってみました。

f:id:ridgeww:20200903205047j:image

この夏読了した『黒部の太陽』の写真展だったので、興味深く拝見しました。

f:id:ridgeww:20200903205201j:image

誰もいないレストランで遅い朝ごはん、ダムカレー。

体内のエネルギーだけで下山出来たというわけです。どんだけ蓄えてんのやら(笑)

それでもまだ午前中だったので足を延ばし、地図上でしか知らなかった七倉温泉に行ってみました。

f:id:ridgeww:20200903211132j:image

ずっと二車線で走りやすい道でした。

温泉が熱くて熱くて!

 

立山は、

暮らしの中で朝に夕に眺めていても、

朝から日暮れまで山頂が見えるのなんて

なかなかなく、

そこに数ヶ月前にとる 

やーくんのショートステイの日程で山に向かうわけで、

天候に恵まれるなんて 宝くじに当たるくらいの確率なわけです。

それでもいつの日か、

鹿島槍ヶ岳の双耳峰の間を歩きたいです!