ridgeww’s blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

松代にてやーくんの許容範囲を探る

f:id:ridgeww:20190210212538j:plain
こんにちは、エガクです。

昨日のスノーシューツアーの間 やーくんの支援を利用して留守にしていたので、きょうの日曜日は支援なしでした。

夫は月曜日は通常勤務だそうだし、
新車の走りを試してみるのも兼ねて

温泉に行くことも加えて
なおかつ やーくんの楽しい範囲...いや、我慢出来る範囲...で
『いつもと違うこと、いつもと違うところ』に行こうよ!
と提案。

やーくんは 新しいところは緊張 警戒が解けず、馴染むには回数が必要で 難しいのです。

入浴好きですが、
ラーラ松本>湯ったり山の神>ビレッジ安曇野
って順番で リラックス感が変わってくる、という夫の見解。
🔘峰荘は、(もう出る)と 落ち着かず、相性はいまいちなんだそうです。何がそうなるのかの理由は 言葉もないので不明💦(夫の推測 ー古いからかなぁ ...でも穂高の 取り壊した温泉施設はお気に入りでしたよ?)

ましてやこの松本エリアを出ての入浴施設の 受け入れ度として
入れるそして楽しめる
のには、
本人の落ち着き度、気持ちのありようが大きく左右します。なので極力負荷をかけないようにして...

あとは、施設側の混み具合とか 居合わせた客の相性、椅子の配置とか、
音や空間のやーくん好み...

ハードル高か!

ここのところ作業所やヘルパーさんの記録をみてもマイナスな記述も見あたらなかったので、「行こう!」

松本は陽射しもあり、雲の切れ間から乗鞍岳が見えています。
f:id:ridgeww:20190210212032j:plain

それが トンネル越えると別世界!
f:id:ridgeww:20190210212624j:plain


松代の特徴的なお山
f:id:ridgeww:20190210212210j:plain


ターゲットを松代に定め、せっかく松代へ行くのだから、町歩き...保存建物 武家屋敷...行けないだろうか?

展示物を見るのは明らかにアウツ(苦笑)
武家屋敷なら、常に動くし ...
いけるんじゃないか?いける気がする!

あとは混んでなければ良いけどな~
と念じつつ真田宝物館の駐車場へ。

あれ?!

三連休の中日だよ?

駐車場はガラガラ。
斜め向かいのお土産屋みたいな食堂は閉まってるし、人もまばらで閑散としていますけど...💧

文武学校という松代藩士の藩校なら、
すごく広くてガランとしている、
展示物なし、
客とはち会わず 居たとしてもすり抜けられるはず!
f:id:ridgeww:20190210214951j:plain
それが、あの広い建物。我が家で貸しきりで歩き回りました(笑)

帰りに受付の女性に聞いたところ、
冬はオフシーズンだそうです💦
まだ今日はいくらか入場者が居た方だと。

そうでしたか。

じゃあ温泉も期待できる?(空いてると)

松代温泉に、『国民宿舎』って言うのがあるよ?
広いんじゃない?
根拠はないけど福祉的配慮 あるんじゃない?

いこいこ、行ってみよー!
f:id:ridgeww:20190210215030j:plain
写真で見ると、お湯は茶色で(やーくん、有色温泉経験なし💦)
温泉成分が付着して湯槽のへりが盛り上がっている...
f:id:ridgeww:20190210212404j:plain
男湯と女湯は、天井でつながっていて、やーくんの不満げなうなり声が聞こえてきてました💦

夫いわく、色付きで足を入れるのも恐る恐る......そして出る!とすぐ立ち上がる、夫のなだめを聞き入れて湯槽にしゃがむ、数秒で立ち上がる、、、そんな繰り返しをしていたそうです。

一方私は(出たあとは面倒見るからね)と、松代のお湯を堪能~
私は お風呂の水圧がノボセの元なんですが、
ここの深いお風呂ではフンワリと浮くのです。その浮遊感の虜で、珍しく長湯させていただきました。


これからも、やーくん不在の間に いろいろあちこち出歩いて、やーくんに適したスポットを探求し、家族で楽しめる時間を持てるよう目指したいと思っております。

なので

ただ単に 遊び歩いてるわけではないのです、よろしく(笑)