Egaku no blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

シュラフ葛藤からの 押し入れ大改造

 

 

きっかけは、登山道具が溢れてゴロゴロしていたところから。。

f:id:ridgeww:20200909215154j:image
ここにまたひとつシュラフが増える(予定)


だがしかし、押し入れの大部分はここ数年手を触れてもない
=(イコール)
日々の生活に必要でない物が占めている
=(イコール)
明日可燃物の日。出そう!

 

となった。

(量が多ければクリーンセンターに行く!)

そこまで決心出来た。

 

出しているうちに、

捨てるにはもったいない良品続々。

 

特に衣類は、五十過ぎるとサイズは変わらなくても、モードが変わる。着るとイタい感じ?(笑)

 

四十代って、高校大学時代(十代)の服とかギリ着られだけど、(思い出箱に残ってはいても)

もう日常では着ないなぁ。


それに立場も変わる。


もう事務仕事をすることもなかろ。
テロンとしたパステルカラーのブラウス
フロントプレスのパンツ
飲み会パーティー向けの イケイケの勝負服

もう着ない、着る場もないだろ。
四十ちょっと過ぎまではあったけどね。(笑)

 

クリーンセンターに持っていく手間で、幾らかのお金になるかも、、と
ハー○オフへ。

そしたらなんと510円也!

これはその日のお昼ご飯に変わる(笑)

f:id:ridgeww:20200909213111j:image

 


うっすらだが、人間の生き方も波というのか、バイオリズムが変わる波目がある気がする。

 

物にしがみついてないと、乗り切れない時期もある。生きるのがうまくいってない時とか。

 

そういう時に(家族に言われたから等の外からの理由で)無理に不自然に物を処分すると、

必要な物との見分けがつかないで効率も悪い。

 

また、まだ心が残っている物を手放すと、捨てたことを悔やむという、気持ちが腐敗をはじめ、いつまでも気持ちが後を引く。

 

それが、物への執着が消える時もある。

そういう時に物の行き先探しに頑張ると、状況がガラリと変わる。

特に我が家は子育てもひと段落して数年。

封印していた荷物は、もう我が家では使わない。あとは行動出来るようになる自分を待つばかり。

シュラフ問題で、その波が来たって感じだろうか。

 

今は、不必要な物で溜まっていたスペースがどれだけ空くのか、

それが楽しみ♡

今回はたぶん完遂出来る。そんな予感がしている。