Egaku no blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

8月7日

8月7日の前夜に

ジョンくんから電話があった。
「どう過ごしてる?」
「なに食べてる?」
「仕事はどう?」
「近くにかかった人いる?」
「休みの遊びはなにしてるの?」

なんでもないようなことを知るうれしさ。

なんでもないようなことを聞かれても、ひと昔前のようにうるさがらなくなっていたジョンくん。

 

 

翌7日は、休みになった夫と昼食に出かけた。
蕎麦に凝っている夫のリクエストで、四柱神社脇の『小林』へ。

f:id:ridgeww:20200808140813j:image

久しぶりに 国道より東に来た。

あ、そうだ。と、 縄手のうつわ屋さんに行った。

f:id:ridgeww:20200808140850j:image

 

今使っているスープの器が、一個は縁が欠けてたり、当時100均で とりあえず買い揃えた物だったので、良いものはないかなぁと見に来たのだ。

 

物を減らそう、

それも 好きなものに囲まれて暮らそう、

そんな心境になっている。

 

居眠りしていた店主に「こんにちはー見せてくださーい」と声をかけて、さーっと店内を回った。

深さ大きさがちょうど良い器が目につき、他に形状を比べる器もなかったので即決。

うちは今三人で暮らしているが、いつ帰ってくるかわからないけど、ジョンくんの分も加えて4個買っている。

f:id:ridgeww:20200808140717j:image

それはきっと彼が結婚するまで続くだろうな。

f:id:ridgeww:20200808140650j:image

 

具だくさんスープにうん、ちょうど良い。へへ

f:id:ridgeww:20200808141259j:image

 

 

8月7日

やーくんの誕生日だ。

f:id:ridgeww:20200808141358j:image

 

やーくんの障害が確定したのが3歳とか4歳だった。

定型発達が20歳で成人。20歳で一応の 親の育ての手が放れるとするなら、やーくんは30歳くらいをかけて大人になればいいやと考えた。その時私は57歳。

それまで親の現役続けるぞ!と。

 

その覚悟が、すっごい目がくらむほど先のように感じていたけどな。57歳になるのは来年。

 

やーくん29歳、おめでとう。