ridgeww’s blog

絵を描く事と、山に登る事と、作業所に通うハンディのある長男と、夫と、東京に居る二男と…

断捨離はしない

八月に両親と姉、姪が来ることになった。

寝るところ確保! しなくちゃ・・・

まずは、物の移動だ。

ということは、一番奥に在る物の方が 処分or保存もやりやすいはず!

 

新居を購入した際わたしの部屋として、建売住宅の設計上倉庫的な北側の一番狭い一部屋を確保した。 

自分の描く画材からはじまってワークショップ用の画材、

作品展用の額、

それにいっときは雑貨のバイヤーのようなこともしていて

ついでに自分好みの雑貨をサンプル購入したりで、

やーくんが見ると分解して投げたくなるものがいっぱいある。

それでもやーくんには侵入されて アロマビンのフタとか行方不明…

当初は完全物置だったのを、

逃げ込めるスペースが欲しくなりベッドをねじ込んだ。

そのうち雑貨を飾ったりしたくなり、五畳程度の部屋をニセ壁を作って仕切り、小さいながらもベッドルームライフを楽しんでいた。


f:id:ridgeww:20190711194006j:plain


壁に100円ショップの壁紙を貼っていたら剥がれてきた。そのまま過ごしていたらゴーストの部屋のようになってきたのでちょうど良い。リノベもしましょうという事に。

今回処分できるものがあるか、最深部探索したところ、ゴロゴロと出てくる大小問わずのあき箱!

箱が好きなんです。

それも程度があるので(笑)、このようなリメイクの手を入れる時にはリセットと 処分する箱を選ぶ。あぁそれなのに 捨てることを迷うんですよ(笑) 好きとはそういう事(苦笑)

箱はかさばるんですねえ!それだけで相当スペースが空きました。

 

わたしは紙の処分が苦手。。レシートや通知、うまく分けられなくて、後日必要な書類を捨ててしまっていたり、作業所からの書類、福祉課からの書類、税金やら保険やらほぼそのまま残してある。

いちど、もう捨てようと思っていた箱の山を それでも…と中身確認していたら、その中から三万円を見つけたことがあって捨てることの恐怖があり、箱に日付入れて最深部へ積み上げていく。

 

f:id:ridgeww:20190711184312j:plain


ふと思う。

(これ、後あとに整理する人物が要るんだよね…?)

迷惑だよね?

そうこうしていたら数年前の自分の日記十数冊が出てきた。

 

内声だから結構な内容なのだ。。。(今処分すれば?って思う?

そういう気にもなれない。もがきあえいだ自分のあの時代を 今はまだなかったことに出来ない)

 

どうする?

 

そのとき、

いまどきは『遺品整理』などという新たなニッチ業者が存在していることを思い出した!

そうか!身内が整理するわけじゃないんだ!

 

業者なら金目の有無で どんどん仕分けられるだろう。

紙類はそのままゴミにするだろう、読んだりせずに。

 

保険も見直して、『生きるための給付』を手厚くして、死亡保険金は相当減額したけど 遺品整理料金程度にはなるんじゃない?

遺言に書いとけばいいわ。

 

ずいぶん気持ちが楽に いつになく作業がはかどった。

 

けど考えた。

子どもや薄いつながりの親族は 業者に依頼する気がするが、

夫は、泣きながら遺品を見返し日記を見つけてぎょっとするかもしれないぞ…と。

 

これは夫より長生きせねばなるまい…(笑)

 

 

 

 

人生些談

先週はなにも手につかない…といったすごし方をしました。

というのも、乳がん検診と骨粗鬆症検査を受けたからです。

特に 骨粗鬆症などは歩く刺激で改善されるなどとテレビでやっていたので、

(私は登山しているし、大丈夫でしょ)と思ってかかとの骨量を測ったら同年代よりも少ない(95%)とのこと。

あらま~取り組んでいることより老化の速度は速いんだ!と、

がっくり気持ち投げやりになったり。

 

乳がん検診は

なにを思ったか、昨年末ぎりぎりで受けたところが

「腫瘍ありますね」と。

その場で急きょ行われた細胞診の精密検査では良性だったので「半年後に」と言われて受けた今回7月の検査。

今回の検査でも大きさ、位置ともに変わりなかったので悪性変異していないとの判断。「また次回」という結果でした。

 

このご時世 もう死病ではないといっても『癌のタネ』ですよ?平気で居られませんよ。(良性でも、いつ悪性に変わるかそれは誰にもわからないわけで。という事は カウントダウン始まったな)と。

やーくんは、あの世に同時に連れて行くわけにいかないので(苦笑)

家でないと眠れない

わたしの料理でないと食べられない

家族と出ないと外を歩けない・・・etc.に固まらないように

数年かけて広げてきました。で、その成果が出てきたから

私の登山が出来てるわけですね。よろこんでください(笑)

 

わたしに姉がおりまして、若いときはそんなスポーツマンでもなかったのが、四十半ばからマラソン始めて10年くらいになるんです。

乳がんが見つかって治療した時期もあったんです。リンパまで切除したと聞いているので相当だったと思いますが、マラソン再開、保険金で新車買えたとプラスにとらえる、そういうところは私もあるかも(笑)

わたしもちゅうちょなどしている場合じゃないわ、行きたいところはどんどん行きます!

 

今シーズンのキーワード

『尾根』と『コースタイム12時間』でございます!

 

午前中 空いていたので、6kmのランニング。

今回の気づき

「軸足は着地した瞬間にけり出している・・・」

数年前 丸福さんに依頼を受けて「走る図」を書いていた時、原トレーナーが言っていたこと。その当時は全く分からなくて何度も質問して書き上げた絵の、動きとしてはわかったけど自分の走りではわからなかった部分、重心のかかっているときに既にけり出しているんですよ。後ろ足になったときにけるんじゃないし、そもそもけるんじゃない動き。(これか?こういうことか?!)と、パズルピター!!またいただきました(笑)

だから走り歩きの美しい人は、泥などをはね上げないんですね!

フェイスブックにアップしてHさんに走っていると思えないと指摘を受けて自分では説明できなかったのは残念でしたけど、今わかりました。(絵的には後ろ足になった足がけってる方が躍動感が出るんですよ。)ま、あの絵の依頼を受けた時点で 絵だけで成立する雰囲気重視の世界から抜けてしまったとも言えますね。

 

バースデー 後日談

私、言ったのかなあ...
それか私のFacebook読んでるのかなあ...
そこまで辿ってはないんですけど、

そんなところは どうでも良いんですよ。

夫は今日土曜日 休日出勤していきまして、夜 帰ってきたんですね。

結婚してほぼ30年、休日出勤して単休で過ごしてきたんです。これだけで離婚理由になるようですね、この昨今!(笑)

料理中の私のところまでスタスタと来て
「はい、誕生日プレゼント」と、紙袋を渡してきたんです。

f:id:ridgeww:20190629211452j:plain

まあ!!

知り合って35年、誕生日プレゼントって数えるほどなんですよ。(それだって離婚理由?)

それが!

やっぱりFacebook読んだのよ。(笑)

f:id:ridgeww:20190629211525j:plain
(ケーキも!「ヨーカドーは何でも揃うから良い」なんて 余計なこと言わなくていいの!笑)

プレゼントってラッピングを開ける瞬間が好きなんです。仮に自分の欲しい物とかでなくていいの。

f:id:ridgeww:20190629211713j:plain

不器用な男が、
数分であろうと(何にしようかな?何がいいかな?)と迷うその気持ちが プレゼントの価値だと思ってるんです。

ま、誕生日は過ぎてますけど。
仕事であるとか忙我の最中で 同時進行出来ない不器用なんです。どこまでも不器用なので、そこは突っつかない事ですね。(笑)

サイコーのバースデー

登山をするようになって、誕生日は登山するようになっています。

今年の行き先は北岳

数週前から企画を練り(?)笑、『5』の風船を持っていきお山と写真を撮る!
このようなくだらないことに情熱をかたむけるのです(笑)そのためにせっせとトレーニングに励むという

私の場合初心者の分際で、先に企画がたってしまってたんですよね。けれど、例えばマラソンでコスプレしてなおかつ走れる人って、マラソンの実力は相当ないと出来ない!それは自分がやってみてわかった~💦

笑いをとりたければ力をつける!
ん? つーか、企画したければってことかな?

と言うことで、
f:id:ridgeww:20190628002412j:plain
富士山をはさみうち

f:id:ridgeww:20190628002454j:plain
山の団十郎(甲斐駒ヶ岳)をはさみうち

f:id:ridgeww:20190628002549j:plain
フロム 日本第二位の北岳頂上から~♪

前日、
寝つくタイミングを失したのと、
自由な体位で寝られなかったのがあるのか、疲れのたまっていた膝が痛みだして余計に眠れず
朝の 出発時点で 眼球から頭にかけて鈍痛があり、
脚は昨日の疲れのたまった状態で重く、
荷物はズッシリと肩にくいこみ...
そんな二日目の始まりでした。

その状態の『草スベリ』急登。。
語らずとも...です💧

ようやく体が動かす事に慣れてきた頃 3000mですよ。
吸っても吸っても入ってこない。

胸呼吸から腹式呼吸に移行したとはいえ、
鼻呼吸に努めたとはいえ、
ガイドさんの作ってくれる絶妙な歩幅とペース (汗量はソロの時の半分以下でした) とはいえ、

小学校の式で 貧血で運び込まれた時のあの、いや~な感覚が...またよみがえる。。

それが そこから先は三点支持を要求される岩稜帯。

もう目が、見えてるんですけど見えてない...
ってわかるかな...
それで岩場に取りつくのはヤバイ。。と思い、
もう がまんしないで ストック支えに突っ伏したんです。

【『苦しい』を『伝えて』いいんだ。
伝えたら支えてくれるんだ。】

このことを山で教えてもらいました。

会長は異変に気づき「3000m超えてるからね~」と (そうなるのも致し方ない旨)声かけしてくれて、後ろに密本さんをつけて
密本さんも「ゆっくりで良いよ」と焦りをとってくれる。

(自身でも)ギリギリまで頑張った上での支えって、

あ~ (* ̄∇ ̄)ノ

良いね~~!!人生の気づきでした。



それがね、
進んでいるうちに(=どんどん高度上げてるんですよ)
トランス状態?
いきなりクリアになったんです。

頭 眼球の痛み消え、
脚の痛みも重さも消え、
荷物の重ささえ消え、

フワリと軽い登山!こんな高度で...

あの世に踏み込んじゃったのか~💦
いくらでも行けるわ
ってくらい別物でした。その後はそのクリアと冷静が続き、下りになって高度を下げ始めたのもあり絶好調でした。
おそらくですけど 脳の知覚過敏の暴走が鎮まったんだと思うんです、山でのセルフコントロール

自分一人で気づかれないように と焦るほど👉脳の痛いと感じる領域暴走。
認めてもらえた、焦る必要なかったとの安心感👉脳が鎮まったと、分析。
これ、先日のGYMZEROでのメンタルトレーニング講座じゃん!すご!

そしてピークへ。

f:id:ridgeww:20190628022011j:plain
(北岳バットレス 大迫力!でした。)

今回の山行の目的のひとつ。
山の団十郎甲斐駒ヶ岳の 見たことないアングルから見る!

f:id:ridgeww:20190628072638j:plain

カッコいいわ。じーんと来た。人にわからないように... とか羞恥心は もうなくて、何回「団十郎~」と 呼んだことか(笑)

南アルプス、森が深くて あの 開発のされてなさが良いね!通いそうだ(笑)
f:id:ridgeww:20190628010700j:plain
(八本歯のコル 向こうに富士山)



【今回の山行で、グリセードに目覚める!】

大樺沢の雪渓で、初めはアイゼンで足場固定して次の足...って くだってたんです。
そしたら おじさんが、その横をスリスリと結構なスピードで下っていくんですよ、ビックリ!
そのおじさんの足元はスニーカーみたいな靴でアイゼンは着けてなかったな~

スキーみたいに転んで覚えるって訳にはいかないから気持ちにいくらかブレーキはかけてましたが、おもしろくなっちゃってね~♪
踏み出した脚に 体重プラスザックの重みで下方へ出すとすーっと流れる(滑るまではいってない笑)

グリセード!またやりたいです❤💕

f:id:ridgeww:20190628014904j:plain
日本百名山の撮影隊18名と同宿!荻原編集長 工藤夕貴レミオロメンの藤巻さん』


【そして誕生日当日の今日】

悪天予想のため早めに下山、午後フリーの時間のプレゼントは、丸福整骨院へ行くことにしました。
f:id:ridgeww:20190628014733j:plain
あいにく整骨院は休診だったのでマシントレーニングを軽くストレッチ重視でおこないました。

その時 原トレーナーがすたすたと近寄ってきて
「足先に紙一枚分の空間を意識する。その事で力がすっぽ抜けなくなる。腹筋体幹の支えを形づくる。
漫然と歩かず例えば、歩行時一歩毎に一回意識すれば3000歩で3000回ですよ。8000回で変化がおこってくると言われています。」
と、
原さん特有の、豊富な専門知識を ミニ伝授。

「五味さんは固めよう固めようとしている」と以前指摘を受けました。
その実感はあったけど答えはその時点で見つからず、いくらトレーニング、登山をしても骨の支えのない腹がぽっこりと出るのを
歳 だからと見るのか、
何か出来るのか...

実はずっと ずーっと考えていたんです。

ずっと追い求めていれば、
なにげに
偶然
必然に
舞い降りてきた。
追い求めた答えの拾い方って こんななんです!
それも誕生日の日に。
たまたま来られたこの日に。
トリハダものでした。


実は実は、バースデー登山の始まりは、家ではイベントも なにもないからだったのですが、
夫は『 物』ではなく『時間』という素晴らしいプレゼントをくれてます。
フキゲンにはなるものの(失笑)、送り出してくれました。

たぶん
プレゼントの物品選びとか、
イベント、サプライズ。そんな企画とかが
(私の最も得意とするところが)苦手なタイプなんですよ。そのかわり日常を 粛々と整えることがすごく得意。
ちなみに私、先に気持ちが高揚するイベントがないと、日常が崩れていくタイプ。
お互い得手不得手がある。良いじゃないですか、そこを認めていれば!

『夕飯食べてくるね~』とLINEしたら快く返答してくれ ここでも時間のプレゼント。
ぼんちゃんでは先客のお客さんがケーキを買ってきてくれるという、
ハッピーバースデーを歌ってくれるという、
私がろうそくをふき消すという、
自分がメインのろうそくフッなんて、オトナになってしたことないわ!(笑)

f:id:ridgeww:20190628014822j:plain

これぞ人生のサプライズ!(笑)

いやぁ長文おつきあいくださいましたね、
幸せのおすそ分けをあなたにも~♪

ありがとうございました❤💕

南アルプス芦安下見、完了!

今日は やーくん支援予約しておいた日。

けど、お天気悪い予報なんで、お山はやめておくか。
あ、そうだ!次回の山行の集合場所の下見に行こうっと。

登山をするようになっての良い傾向。朝に行き先を夫に言うのが習慣になりました。
根がさすらい人なんだと思います(笑)

新車ノアちゃんにナビさせて、ついていくだけと。

予報外れた?なんだかとっても良い景色を楽しみつつドライブしました。
けれど、日向山(1660m)を境に 頂上は厚い雲のなか。

芦安に向けて南アルプスに入っていくと 険しい山あいのなかへ。
f:id:ridgeww:20190611202856j:plain
ナビに目をやると、道がくちゃくちゃのウネウネで、いきなり「目的地周辺です」ったって、そんな駐車場らしき広いところもない!

中房林道よりは待避所もいっぱいあるし、前方に意識を向けて走行すれば大丈夫。だけど、だけどこんなに登るの?すんごい上がったけど?

そして現れた駐車場は......
というか、行き止まりですけど。

f:id:ridgeww:20190611202709j:plain

『夜叉神』?

f:id:ridgeww:20190611202808j:plain

『芦安』って『夜叉神』?

ナビ頼りで標識をよく確認しなかったみたいで分岐を曲がらず林道を行ったみたいです💦

いや~下見に来ておいて良かったわぁ❗

夜叉神で待ちぼうけするところだった(笑)

帰り、『南アルプス芦安山岳館』なるものを発見。
f:id:ridgeww:20190611202953j:plain
その周辺にありましたありました!
駐車場がいっぱい。
f:id:ridgeww:20190611203059j:plain
第一🅿以外、どれも一台も停まってない。
え?ピークはこれ全部埋まる?
Σ(゚∀゚)ひゃー

展示はなかなか興味深く、じっくりと見せていただきました。
f:id:ridgeww:20190611203142j:plain
f:id:ridgeww:20190611203207j:plain
帰り道は、南アルプス山麓を心地よく走る道発見。そこから武川 👉白州 👉小淵沢 👉八ヶ岳山麓👉諏訪南インターで帰ってまいりました。
f:id:ridgeww:20190611203241j:plain
(白州道の駅から甲斐駒ヶ岳 まっちろ)

白州の道の駅で お野菜とお米を買い、薄いシャバシャバ汁のほうとうを食べました。暖かい時期は、コッテリ汁より良い感じです。
f:id:ridgeww:20190611203300j:plain


地図だけで想像していた場所を 実際に訪れて「こんななんだ!」と感じる、ささやかな驚きが大好きです。
f:id:ridgeww:20190611203325j:plain
今回も 地図では芦安を見ておいたものの、実際の高低差で 地図での印象はふっとんでしまいました。
f:id:ridgeww:20190611210421j:plain

その先の、まだ見ぬ場所。
次回は北岳間ノ岳。ワクワクしてます♪

帰りの高速、分厚い雨雲のなかへ突入!
f:id:ridgeww:20190611203543j:plain

洗車一回分 得した気分(笑)

所望の本の手に入れ方

発売日から数日経つ。
(がまんがまん)と念じなから数日来たが、もうがまんならん!

f:id:ridgeww:20190609212341j:plain

あ そうだ!( ☆∀☆)

nanacoポイント貯まってるんじゃない?!

お金を使わずゲット!
f:id:ridgeww:20190609212406j:plain

2016年版の永久保存本を、 やーくんに...
それも一番のキモのページがない💢

f:id:ridgeww:20190609212644j:plain
f:id:ridgeww:20190609212719j:plain
その本と似たような特集だから 欲しかったのです❤💕

普段慎ましく主婦やってますので、時にはこのような ご褒美が舞い降りてくるわけです♪